Home退行療法

退行療法でトラウマの解放を

退行療法とは、特に幼少期に多いとされる心の傷(トラウマ)に焦点を当て、ケアしていくことによって、現在の心身症の改善を促していく方法です。
トラウマの解放は一般的な手法では難しいこともあります。記憶は多くの場合、奥底に沈んでしまうので、掘り起こすことが困難だからです。
しかし、催眠療法ではこれが可能です。

退行療法は、別名「インナーチャイルドワーク」とも言われます

インナーチャイルドを癒すことが回復への第一歩

インナーチャイルドとは、あなたの「内なる子供」、自分の中にある純粋な部分だと思っていただいてかまいません。

人は色々な経験をしながら生きてゆきます。良いこともそうでないことも、全てを体験しながら成長します。
しかし、特に純粋な幼少期の心は、どんなことでも無批判に受け入れて島します。
良くない経験は心の傷となって、もっと大人になってから予期しない形で心や体に影響をあたえることも少なくありません。

退行療法を伴うインナーチャイルドワークは、そんな心の傷を癒して行くことの出来る素晴らしい手法なのです。

解放させるところまで出来る手法を

トラウマは単に再体験するだけでは効果がありません。
きちんと催眠療法(ヒプノセラピー)の中でトラウマを癒し、心を楽にするところまでケアしていく必要があります。

中には、幼少期を再体験するだけの手法しか取り扱うことのできないセラピストも残念ながらおられます。
催眠療法の中でどこまでアプローチできるのか、確認してから受けることを強くおすすめします。

ページトップへ
Copyright (C) 催眠療法ハートヘルプ All Rights Reserved.