Home催眠療法のしくみ

催眠療法(ヒプノセラピー)のしくみ

私たちは普段起きているとき、脳の全ての機能のうちたった数パーセント〜10パーセント程度しか使っていないと言われています。
この普段使っている意識(顕在意識といいます)のほかの部分は「潜在意識」(無意識)とよばれ、その領域は普段私たちは意識することが出来ません。

ところが、私たちの意識は潜在意識からの影響が強く現れます。
顕在意識は私たちがコントロールできますが、潜在意識を意識的にコントロールすることはきわめて難しいとされています。

催眠療法とは、催眠状態に陥ることによって潜在意識に意識的にアクセスし、クライアントの抱えている問題や悩みを軽減し、解放していくことを目的に行われます。

潜在意識はは広大なフロンティア

私たちの意識の約10パーセントが顕在意識だということはお分かりいただけたと思います。
ということは、約90パーセントは潜在意識なのです。
どちらの方がより広大で可能性があるか、説明するまでもありません

この潜在意識を効果的に活用していくことで、私たちの生活は大きく変わっていきます。
意識・気持ちが変わることで人生に対するモチベーションも上がってくるのです。
これは理屈の領域で説明できるものではないのかもしれません
なぜなら、その理屈や考えかたも顕在意識の産物だからです。

潜在意識とは、まさに私たちの脳の中にある広大なフロンティアと言えるでしょう。

誘導によって行われる

催眠療法は、一般的に誘導によって行われます。
自己催眠の場合はテープなどによって行うこともありますが、通常は他の人の助けを借りたほうがスムーズに催眠状態に入ることが出来ます。
これは、覚醒と睡眠の狭間で意識を保つことは難しいため、このことが催眠療法をデリケートなものとしています。

一般的な流れは・・・

事前面談(カウンセリング)
  ↓
催眠誘導
  ↓
催眠状態において、顕在意識への様々なアプローチ
  ↓
覚醒誘導
  ↓
事後面談(場合により小休憩)

となることが多いようです。また、ほとんどの場合事前予約が必要です。

ページトップへ
Copyright (C) 催眠療法ハートヘルプ All Rights Reserved.